<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2006年 06月 26日
ルバーブ
b0083970_0113880.jpg今日花壇をつくった。
芝生を取り除き・・土を掘り起こし、手入れしていない・・芝生
ちょっとかわいそうで、ちょこっと残して、ありあわせのタイルや
レンガで境界を築き、ベンチに下には、ちょっと格好いい敷石
(これは買ってきた)でカバーして・・できたぁ~


b0083970_0125189.jpg
なかなかの出来。・・と私はここまで。


花植えは、連れに任せる。ラムズイアーを移植して、・・あとは、なんだっけな。忘れた!で上空からみると~
b0083970_0141060.jpg

あ、そうそう、フェンネルに花が咲きました。
こんな感じ!小さい花がパッて咲いています。
b0083970_0145266.jpg


・・・・「ねえねえ、あっちのルバーブ・・・」
ルバーブがどでかいフキのようになっています。
「これ、食べれるの?」
「うん、ジャムにするの」
「ふ~ん」

・・・・・肝心のルバーブ・・載ってませんね。では・・次回^^;
[PR]

by kupoa_kupa_5i7i | 2006-06-26 00:23 |
2006年 06月 24日
外は快適、夜の写真は、むづかし
夜の花を撮ってみると、これがむずかしい。デジタルは、素人の助っ人です。上手く撮れてもそうでなくても修正が効くのです!闇に紛れて悪戦苦闘しているけれど、涼しいお陰で、汗知らず。出来た写真は、へなちょこで・・イメージ通りには行かないもの・・なんともはや^^;
ほんとは、額や茎がもう少し出ていると・良かったのではないかと・・
b0083970_0393769.jpg

・・・ほんとはこうなのですが・・・・ま、いいか
b0083970_040680.jpg

[PR]

by kupoa_kupa_5i7i | 2006-06-24 00:42 |
2006年 06月 21日
門灯
先日、門柱回りのハニーサックルを撤去。すると久々に、そのまわりがすっきりして、門灯のまん丸の姿が出てきた。

帰宅したとき、その明りに照らされて、ヤモリがピタッとして居る事に気が付いた。思わず携帯電話カメラで撮ってみる。。
b0083970_0523326.jpg


もう少し寄って撮影しようとしたら、びっくりしたのか、ものすごい勢いで逃げた。・・・わたしもに・げ・た^^;
逃げたヤモリを探すと門灯の反対側からじっとしてこちらを伺っていた。近づこうとすると頭を上げていたヤモリは、急にその頭を低くし、身構えた。・・・・・わたしは、その動きに釣られて身構えた・・いや固まった。どきどきの門灯である。
[PR]

by kupoa_kupa_5i7i | 2006-06-21 23:55 | 出来事
2006年 06月 17日
やっと週末
忙しく過ごした一週間もどうやら週末。雨だと思っていたら、蒸し暑くて、てれっとするには、ちょっとしんどい!こんなときは、雨の涼しい風がほしいなぁなどと身勝手になる。
b0083970_1604083.jpg


「し~ん」として・・・・ちょっとばかり疲れを取る・・・・・・
b0083970_161789.jpg

気分を変えて、我が家にあらたな増えた物をパチリパチリとしながら気が付くとお昼をとっくに過ぎちゃった。
とっても良い香りが漂う「ぼんぼん」
b0083970_15561558.jpg

[PR]

by kupoa_kupa_5i7i | 2006-06-17 16:01 | 出来事
2006年 06月 12日
雨の週末
b0083970_036518.jpg梅雨になった。週末は、ドンヨリ土曜に雨日曜。天気予報は、そうは言っていなかったような気がする。まあ、何をするわけでもないが「外れたか」と連れと飯を食いながら話す。
カメラを持って、この天気に庭をあちこち見て、撮ってみる。


今日の映画は、イーストウッド、BGMは、ダイアナクラールだったけれど、エンディングで尻切れトンボ。ちょっと残念だったから今聴いている。
b0083970_0345713.jpg

情熱大陸は、山野井さん、やはり泰史さん魅力のある人だ。登山の写真しかあまり見たことのない妙子さんだったが、とても優しい目が印象的。


b0083970_103586.jpg先週、伸びすぎた月桂樹の枝をかなり落とした。葉っぱは、料理に使えるので、バスケットで乾燥中・・売りに出せるほどある^^;


雨の日に撮った写真、レンガタイル、だいぶ汚れている(笑)
b0083970_0385855.jpg

[PR]

by kupoa_kupa_5i7i | 2006-06-12 01:03 | 出来事
2006年 06月 04日
auto110
もう25年以上も前にauto110(オートワンテン)と呼ばれた小型の一眼カメラがあった。豆カメラやスパイカメラなどと呼ばれたものもあったが、交換レンズを装備して、しかも小型でちょっとは話題になった。
b0083970_0455561.jpg

当時その姿に惚れて、手に入れたこのカメラが自分で買った最初のものだ。本棚には、まだカタログもあり、見てみてもなかなかファッショナブル(・・古い表現だ^^;)でいい感じだ。とにかく小さくて可愛いくて、何処でも持っていける、生活に密着して、しかもおしゃれ!な感じで描かれている。フィルムサイズは、カートリッジフィルムでハーフサイズ。交換レンズも広角から望遠にズームと5種類用意されていた。そんなカメラを引っ張り出して、フルムなしで、カシャカシャと空撮りで遊んでいた。
b0083970_043268.jpg

高校で写真をはじめたときのカメラは、学校で借りたPENTAXかCANON FXを使っていたような気がする。あの頃、絞り込むとファインダーが暗くなり、ピントが合わせづらくて、よくピンぼけを作った(笑)。開放測光だの絞込み測光だのと皆で言って騒いでいたのも、あの頃かも知れない。
暗室に入って、フィルム現像や焼付け、乾燥を手取り足取り教えられ、どうにか全紙の焼きつけまでやったことを思い出す。印画紙は、「月光」だったが今思うと、なかなか格好良いネーミングだ。それも今年、生産中止となってしまったようだ。
b0083970_0443728.jpg
さて、件のauto110、小さい本体なので、慣れないと使いづらいところもあったが、オートワンダー(今では、自動巻き巻きなど当たり前)をつけると、手持ち感が上がって、使いよくなった。
フィルムカメラもデジタルカメラに押されて、メーカーは製品ラインもデジタルに大きく移り、生産中止のフィルムカメラも多い。かくいう私もデジタルカメラを使っているが、アナログ時代の手ざわりが懐かしく、消えてしましまうのは、残念な気がしてならない。
b0083970_047059.jpg

これは・・・・デジタル^^;
[PR]

by kupoa_kupa_5i7i | 2006-06-04 01:04 | 出来事
2006年 06月 01日
早く帰る日
朝から早く帰ろうと、決めて仕事をする。朝から打ち合わせ、午後は会議2つ・・席に戻って帰ろうかなぁ~って思うと大概は、何かある。帰りたいけどそのままにしては帰れない。やっと帰れるなと思うと、21時近い・・、なんでかなぁ~

家に帰ると、夕食を連れが作っている・・
「いつもより遅いね」
「朝から庭仕事で・・・夜8時までやってた(笑)」
「え?そんなにやっても見えないじゃん」
「だってやりたいんだもん」
「せっかく休みなんだから、ゆっくりしていればいいのに」
「だってもったいないじゃん」
「ラティスフェンス付きの鉢台見た?」
「ん? (‥ )ン?バラの鉢が変わっているやつ?」
「ちがーう!鉢にラティスがついてるわけないじゃん」
「鉢を飾る台だよ~」
む~!気が付いていない
b0083970_1253987.jpg

[PR]

by kupoa_kupa_5i7i | 2006-06-01 01:26 | 出来事